先進国と発展途上国の医療の差は大きい

先進国である日本では、医療機関が多くしかも技術力も向上しているので質が高い医療を受けられる事が多いです。
しかし、世界で見てみると先進国と発展途上国の医療の差はかなり大きいと言えます。
国によっては、医療技術が思ったほど向上していなくて、医療機関も少ない場合もあります。
また、医師や看護師などが不足している地域もあれば、設備面が充実していない所もあるので世界全体でみると、差があり過ぎるので少しでもこの差を縮めていく必要があります。
そのためには、発展途上国の医療技術を向上する必要がありますが、優秀な医療人員を育てたり、医療施設自体を増やしていく必要があります。
もちろん、そのためには莫大なお金が必要になるのでなかなか医療技術に力を入れられない国もあるので、どのようにして先進国がフォローしていくのかが大事になります。
先進国がうまく発展途上国の医療の向上に協力していけば世界全体の医療が向上できる可能性があります。